C・G・ユング研究

2 『ユング研究』林道義編集発行 1〜10号

(お断り) 1〜10号のセットは売り切れました。10号も売り切れです。なお6号と7号は残部些少です。購入方法は末尾にあります。

 

バックナンバー目次

 

創刊号  特集 父性・分析論論争(1990年11月)

●創刊に寄せて/グッゲンビュール=クレイグ、マリオ・ヤコービー

●創刊の辞・・・林道義

●対談 日本の父性・・・小此木啓吾+林道義

●『日本的父性の発見』について・・・安渓真一

●特集 分析論論争

 鏡から窓へ・・・ジェームズ・ヒルマン

 ヒルマンの「鏡から窓へ」について

   ・・・A・グッゲンビュール=クレイグ

 産湯とともに赤子を捨てるヒルマンの大袈裟な身振り

   ・・・マリオ・ヤコービー

 分析への分化した眼差し・・・林道義

●ユング 転移の心理学(1)・・・林道義・磯上恵子共訳

●ユング心理学の世界観・・・矢吹省二

 

 

2号  特集 ユングと神秘主義(1991年5月)

●日本人にとって「個性化」とは何か・・・林道義

●聖徳太子の個性化について・・・田中健一

●特集 ユングと神秘主義

 新プラトン主義とユングの元型論・・・熊田陽一郎

 ロマン主義心理学のパラダイム・・・深沢秀隆

 「霊操」の心理学的考察・・・河東仁

 解題・・・林道義

 文献目録・・・編集部

●ユング 転移の心理学(2)・・・林道義・磯上恵子共訳

●シュレーバー症例について

  ユング心理学は何が言えるか・・・林道義                   

 

 

3号  特集 初期ユング・ノイローゼ論(1991年11月)

●対談 生命関係論とユング心理学

     ・・・清水博+林道義+司会、熊野宏昭

●特集 初期ユング・・・林道義監訳・解題

 ユング 心理学をめぐる諸考察

 ユング 連想実験の方法

 ユング 家族的布置

 ユング 精神分析の一般的諸問題

 ユング 精神分析とノイローゼ

 ユング フロイトとユングの対立

●ユング 転移の心理学(3)・・・林道義・磯上恵子共訳

●ノイローゼについて

  ユング心理学は何が言えるか・・・林道義

 

 

4号  特集 転移‐逆転移(1992年5月)

●転移‐逆転移の理解のために・・・林道義

●転移‐逆転移過程における性的行動化の根底にある元型的要因

   ・・・ネイサン・シュワルツ‐サラント

●逆転移における力、シャーマニズム、助産術・・・マレイ・スタイン

●摂食障害の分析における転移‐逆転移・・・マリオン・ウッドマン

●女性分析家と傷ついた少女との転移‐逆転移

   ・・・ベッティ・メドーア

●母、父、先生、姉妹 ─ アニムス発達の第一段階における

 転移‐逆転移問題・・・フローレンス・ウィードマン

●分析における転機 ─ 転移‐逆転移と新たなシンボル形成

   ・・・ヴェレーナ・カスト

●ユング 転移の心理学(4・完)・・・林道義・磯上恵子共訳

 

 

5号  特集 芸術とユング心理学(1992年11月)

●対談 ユング心理学と日本文学・・・佐古純一郎+林道義

●論文

 ユングと小林秀雄・・・福島宗勇

●翻訳

 ウィリアム・ブレイクについて・・・ジューン・シンガー

 芸術における意味 ─ ピカソ論・・・ステファン・A・マーティン

 ユングと抽象表現主義・・・テリー・グレイヴンホースト‐ランダル

●座談会 芸術へのユングの影響 

     マーク・ハッセルリース+アイブラム・ラッソウ+

     ロバート・ラウシェンバーグ+司会、テリー・ランダル

●論文

 サルヴァトーレ・プルヴィレンティの元型的世界・・・林道義

 生命への讃歌? それとも呪い? ─ 新しいムンク論の試み

   ・・・林道義

 囲碁の深層心理学・・・林道義

 

 

6号  特集 イメージ・シンボル(1993年5月)

●表紙絵説明 ・・ユングの最初のマンダラ

●論文

 シンボルを「解釈する」とはどういうことか・・・林道義

 ユングと寺院 ─ 全体性のシンボル・・・ランドクィスト

 フランク・ロイド・ライトの建築における器のイメージ

   ・・・レーヴィン

●会員座談会

  『風の谷のナウシカ』をめぐって

●論文

 ヨブとしんとく丸・・・垂谷茂弘

 ふたりのスサノヲ・・・磯前順一

 ピュタゴラスにおける数の思想・・・芹沢哲

 マリアの変容 ─ 受胎告知から被昇天まで・・・林道義

●ユング

 シンボル的な生

 心の本質についての理論的考察(1)

●エラノス会議講演

 「見えざるものの経験 ─ イメージから倫理へ」・・・林道義

 

 

7号  特集 エロスと攻撃性(1993年11月)   

●編者まえがき 

 ユング心理学におけるエロスと攻撃性・・・林道義

●論文

 「汝の敵を愛せよ」

   ─ 敵イメージとの付き合い・・・マリオ・ヤコービ

 学生の愛の問題・・・C・G・ユング

 宗教におけるエロス・・・河東 仁

 自殺から殺人へ・・・木下道代

 悪夢の革命 ─ スターリニズムの歴史心理学・・・林道義

●ケース研究

 性と暴力の地獄から・・・阿部敦子

 視線恐怖症における攻撃性・・・大住 誠

●理論的研究

 力動心理学における攻撃性理論の変遷・・・熊野宏昭

 分析心理学の概念における性と攻撃性・・・R・ブロマイアー

 心の本質についての理論的考察(2)・・・C・G・ユング

 

 

8号  特集 哲学・文学・キリスト教(1994年5月)

●座談会 ユングとキリスト教

      佐古純一郎+赤木善光+熊田陽一郎+石井美樹子

●論文

 修道士クラウス・・・・ユング

 ジャンヌ・ダルク・・・リクリン

 シュライエルマッハー『独語録』における個性化と意味総体性

   ・・・ショック

 ファウストと憂愁・・・ヴィルケ

 自己における全体性

   ─ ロレンス『恋する女たち』の分析・・・ブルッカー

 高橋たか子とユング・・・福島宗勇

 タイプ論から見た西洋哲学・・・曽根剛

 ユングにとっての哲学・倫理学・・・林道義

●カバー表紙説明

   「アインジーデルンの黒マリア」

 

 

9号  特集:家族と子供の心(1994年11月)

●巻頭言・多様な家族形態?・・・・林道義

●翻訳

 ユング 教育に対する分析心理学の意味

 ユング 個人教育に対する無意識の意味

 ユング 人格の生成について

●論文

 時代精神としての戦中派‐団塊世代 

   ─ 発達心理学的アプローチ・・・林道義

 青年期の絵画と元型的象徴・・・寺沢節雄

 分化としての発達・・・曽根剛

 資格制度を考える・・・林道義

●ユング 心の本質についての理論的考察(3・完)

●コラム

  「人格」

  「体罰」

  「タバコとコンプレックス」

  「心理療法論は誰のため?」

  「ワープロのコンプレックス」

●カバー表紙・裏表紙の説明

  「フィレモンと童児」

 

 

10号  特集 日本ユング派(1995年5月)

●巻頭言 ユングに帰れ!

●文化史的現象としての河合隼雄・秋山さと子・・・・林道義 

●覆面座談会 日本ユング派を切る               

●論文

 自然との対話を求めて・・・テオドーア・アプト

 イギリスロマン派とユング・・・児玉久雄 

 ユング心理学は宗教心理学に何をもたらしうるか・・・河東 仁  

●対談 宇宙の鼓動・・・林道義+内海信彦

●会員投稿

 お墓の心理学 ─ 死をめぐる元型の現象学・・・白田信重

 マンダラのシンメトリーについて・・・寺沢節夫  

 小論文と構成力としての父性・・・福島宗勇  

 中国史学とユング・・・冨田孔明

 漱石の夢・・・浦田ますみ

●エラノス会議講演

 経済成長の中の父性・・・林道義

●カバー表紙の絵について

●お知らせ

●編集後記

●バックナンバー目次

 

『ユング研究』購入方法

価格:

1〜9号 各2.200円(消費税含む)

10号    2.500円(消費税含む)

 

購入申し込み方法:

郵便振替で、希望号数に見合った代金を振り込んで下さい。送料は当方で負担します。

 

振替用紙への記入事項:

口座番号 00170-9- 83136

金額   希望号数分

加入者名 日本ユング研究会

通信欄  希望の号数名

(請求書・納品書・領収書が必要な場合は、その旨明記して下さい。)