日本囲碁改革の根本問題

 

5 棋士養成体制の欠如

             (平成18年8月18日初出)

 日本囲碁の将来はお先真っ暗である。組織的な後継者育成策が存在していないからである。体操でも、水泳でも、柔道、レスリング、陸上、サッカー、スケート、何であれ、それぞれの組織があり、選手の育成・強化に組織を挙げて取り組んでいる。どれだけ成功しているかは別問題。中には組織が腐敗したり不祥事を起こす例もあるが、とにかく組織的に取り組んでいる。

 しかし、囲碁の場合、日本棋院は組織としては選手の発掘、育成、強化に取り組んでいるとは到底言い難いのである。それは個人の篤志家、多くはプロ棋士が内弟子を取るという形でしか実行されていない。

 個々人の努力はすばらしい。木谷実氏の内弟子が今の日本囲碁界を支えている。その他にも安藤武夫氏、大枝雄介氏、林海峰氏、趙治勲氏などが内弟子を育て、今日のトップ棋士のほとんどは内弟子制度によって育てられた。菊池康郎氏ひきいる緑星学園も多くの優秀な棋士を輩出している。依田碁聖、山下棋聖、張名人も内弟子経験者である。最近では大淵盛人9段の内弟子がつづけざまに何人も入段を果たした。その厳しい教育姿勢は、今どきの日本ではたいへん貴重なものである。

 しかし、個人の努力には限りがある。こういう人たちが全国に100人もいれば話は別だが、そんなことはありえない。内弟子制度だから内実が悪いとか、程度が低くなると言っているのではない。国として、組織として取り組み、そしきて組織化・近代化・合理化しなければならないということである。内弟子制度の良いところを活かしつつ、それを組織化する方向をさぐるべきである。

 そのためには、本質がギルドだという日本棋院の組織原理そのものを改革し、近代化を図らなければならない。

 韓国では、。

 中国では、。

 。

 。

 。

 。

 「外来受験」を廃止せよ。。

 。

 。

 。

Back to Top Page