フェミニズム

 

29 (2-4)この論争の原点、および名誉毀損について ( macska への反論 1-4)

           (平成18年1月26日初出)

 

本来の主題から逃げるな

 この論争はすでに本来の論点からはずれてしまっている。macska は本論争の当初の主題である「生得的性差と文化的性差の関係いかん」という論点をまともに論ずることができず、枝葉末節な論点に逃げ込んで、そこでフェ理屈をこねまわしている。

 第一に、 macska は私が挙げた数々の弊害、とくにアイデンティティーの問題にはまったく触れずに、性同一性障害という言葉に拘泥している。しかし、その問題はもともとたった一つの分類法を macska が持ち出して金科玉条にしたものであり、同じ土俵上でも他の分類法がいくらでもありうるし(それらの分類法も確固としたものではない)、観点が違えばまったく異なる体系の分類法がありうるのである。私があえて macska の土俵に上がってやっただけであり、それをいいことに本題から逃げるのに使っている。

 もう一つの「そらし」は、 macska が「混合名簿」に話題を持っていっていることである。私は初めから一貫して、「混合名簿」が直接に何か弊害をもたらすという論法は使っていない。それに象徴されるジェンダーフリーの思想や実践が弊害をもたらすと言っているのである(末尾の資料を参照)。 macska はますます論点をそらす方向に逃げている。

 この辺で、 macska が「矛盾」だと言っていた元の本題に戻って、建設的な論争をやろうではないか。そのためにこそ、私は拙著への参照を求めたのである。 macska は「ジェンダーの必要性」など興味がないと逃げた。表題は「必要性」だが、内容はジェンダーの積極的肯定的な意味について論じている。その肯定的な意味をふまえて、「文化的性差が生得的な性差を基礎にして発達する」という趣旨である。このことが分かっていないから、矛盾でもないことが「矛盾」に思えてしまうのである。しかし macska は日本にいないために簡単には本を取り寄せられないと言っているので、参照を求めた部分を、アップする(2-5 ジェンダーの肯定的意味)。これを読んだ上で、本来の論点について論じてもらいたい。

  なお、本稿の末尾に、この論争の原点となった私の文章を資料として再録しておく。

 

名誉毀損について

  macska のホームページのコメント欄への書き込みの中に、私に対する名誉毀損がある。

帽子屋 のコメント

2006/01/20 - 03:42:28 -

まあ、林道義の「自分を名誉教授にしてくれない」泣き言を読むと、キチガイにしかみえないけどなあ。

 

xanthippe のコメント

2006/01/22 - 22:07:30 -

よく分かりませんが、授業中に学生に対するセクハラ発言がたえなかったので、授業を出来るだけ持っていただかないように大学側は苦労なさっていた、といううわさを聞いたことがあります。

 以上の発言は明確に名誉毀損であり、ただちに削除すべきものである。これを一定期間放置した管理者も責任は免れない。

 今回、macska はこう書いている。

2006/01/23 - 10:12:31 -

 xanthippe さん、既に他の方が言っていますが、セクハラの件についてソースを提示できないのであれば撤回してください。名誉毀損になりますので。3日以内にソース提示か撤回がない場合、管理人責任で削除します。

 つまり macska は「セクハラの件」が名誉毀損になることを承知している。にもかかわらず同様の2005/06/17に書かれたxanthippeのコメント(http://macska.org/article/93#comments)

何年か前に東京女子大の関係者から聴いたことですが、林氏はセクハラ発言がひどくて学生の評判も悪く、大学も辞めさせたいのだけれど街宣車にうろうろされるのでそれも出来ず、困り果てているのだとか。でも、もう退官のお年ですかね?

を7ヶ月も放置していたということは、名誉毀損の共犯として言い逃れができない。

 さらに、xanthippe 自身がいかにいい加減なことを書いたかを自ら白状しているにいたっては、開いた口がふさがらない。

xanthippe のコメント

2006/01/24 - 18:44:34 -

セクハラ発言情報は東京女子大OBの友人から得たものですが、もちろん私が直接聞いたことではありませんので、訂正するにやぶさかではありません。

ご迷惑をおかけしました。

 

xanthippe のコメント

2006/01/24 - 23:10:58 -

たびたびすません

OBではなく、OG です。(~~;; 何か言われそうだなあ・・・。

セクハラと学生が受け取った発言は学生の容姿に関することから行動にいたるまでいろいろだったようですが、聞いたのがだいぶ前のことなので詳しい内容は忘れました。

そのOGにもう一度確認を取ってみますが、言われた本人じゃないので彼女も詳しいことは忘れているかもしれません。

ですので、とりあえずかの発言(2006/01/22 -22:07:30 )はお詫びして撤回しておきます。

 つまりは「また聞きのまた聞き」のような話である上に、根拠のない話なのだ。バカバカしくて話にならない。なお、最後のコメントの言い訳それ自体が重ねて名誉毀損になっている。

 こういうものがコメント欄に現れると言うことは、 macska とその支持者たちがいかに道徳的水準が低いかを物語っている。今回は私とその支持者やフェミナチを監視する掲示板から「監視されている」という意識が強かったために、こうした発言に警告する者も現れ macska も対応したのだろうが、見られているという意識のない7ヶ月前のコメントについては macska は放置し続け、誰も警告しなかった。

 なお、macska のブログにおける「馬鹿」「バカ」という言葉も明らかに私に対するものとして何度も使われている(http://d.hatena.ne.jp/macska/20060123)が、これは侮辱罪に当たる。

 

 これらはきわめて重大な名誉毀損であり、私は法的措置をとることを検討する。

 

 なお、事実についての明確な間違いがあるので、その点について反論しておく。

  xanthippe は「学生の評判も悪く、大学も辞めさせたい」(2005/06/17 - 16:33:36 - )「学生の評判なんて散々だったのに」(2006/01/22 - 17:14:55 -)と書いているが、それは真っ赤な嘘である。私の人気はたいへん高く、私には全学生が誰でも取れる専門科目の授業が3科目も任されており、毎年一学年の半分かそれ以上の学生が選択していた。学生の授業評価委員会が授業評価をやっていたころは、学生の評価は全教員の中で私が常にダントツの一位であった。大学がやるようになってからは順位は発表されないが、私に対する評価は毎年すべての科目において5段階で約4.5、10点満点にすれば9点と非常に高かった。「評判が散々だった」としたら、こういうことは絶対に起こらない。

 

本来の主題に関する資料

 この論争の本来の主題を論じた私のコラムは、ジェンダーフリー教育の危険に対して発達心理学の立場から(子供たちのアイデンティティー形成が歪む危険性について)警鐘を鳴らしたものである。そのさい混合名簿の存在だけが危険などと言っているのではなく、それが象徴になり手段になって、さまざまなジェンダーフリー実践が出てきていることに対して警告したのである。

 この論争の中で、こうした原点が macska の巧妙な論点ずらしによって忘れられている。また新しい読者の中に、私のもとの文章を読んでいない人もいると思われる。私のホームページを探せば見つかるが、見つけにくいので、以下に原点となったコラムの文章を再録する。

 

1 ジェンダーフリーの害毒(平成14年5月6日)

 男女混合名簿が急速な広がりを見せている。県や市町村の教育委員会が率先して指導している例も少なくない。

 ジェンダーチェックと称して、男女で区別することを、なんでも槍玉に挙げる。体育着やランドセルを同じ色にせよ、体育の時間も男女混合にせよ、端午の節句や雛祭りも差別だと主張される。

 こうした男女無区別主義は恐ろしい弊害を生む危険がある。男女の区別をしないと、子供たちのアイデンティティーが健全に作られない、つまり自我が正常に発達しないからである。

 アイデンティティーとは、「自分が自分らしいと思えばよい」というような簡単なものではない。いくつもの層から成り立っている複雑なものである。

 たとえば、家族の一員だという帰属感。また自分は男なのか女なのか、どちらなのかという帰属感。そのほかにも日本人という帰属感。故郷や学校や会社への帰属感など、多くの帰属感の累積によってアイデンティティーが形成される。もちろんそれらの中心には、自分とはこういう人間だという確信があり、それも大切である。

 こういう同心円的な層をなす帰属感の集まりが、アイデンティティーの本質である。

 中でも、自分は男または女だという自己意識はアイデンティティーの基礎であり、たいへん重要である。

 これが揺らいで定まらないと、性同一性障害に陥るばかりでなく、自我そのものが健全に形成されない恐れが出てくる。

 子供は三歳くらいから始まって思春期までには、自分が男または女の特性を持っていることを意識的に確信し、それなりの行動基準が確立されていなければならない。

 さもないと、価値観や考え方の面で自分に自信が持てず、無気力や閉じこもりの原因になりかねない。さらに、異性との関係がうまく作れないとか、セックスがうまくできないとか、同性愛に傾くとか、要するに生物として子孫を残すために必要な行動に支障が出るおそれがある。予想される障害は多岐にわたり、深刻である。

 このままジェンダーフリー教育が広まると、五年後十年後には青少年の心の病が急増する恐れがある。

 それを防ぐためには、男女の区別を科学的に正しく教え、その上で両性の分業と協力の正しいあり方について考えさせる教育が必要である。

 男女の区別を正しく意識させることはむしろ必要であり、混合名簿などのまぜこぜ教育はきわめて危険である。

 男らしさと女らしさは社会的・文化的に作られたものではなく、生まれつきのものだということは、いまや脳科学によって証明済みである。

 この生まれつきの男らしさ・女らしさを自由に出すことが妨げられると、心は不当なストレスにさらされる。必ず悪い影響が出るであろう。

 男女の違いを否定する教育は、子供たちの心に不自然なひずみを与える危険な暴挙と言わざるをえない。

 ジェンダーフリー教育は、愚かを通り越して、子供たちの心の成長を阻害する犯罪と言うべきである。

Back to Top Page